WRIGHTER

TONKY

TONKY

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2016.8.29

ドアストッパー交換

Pocket
LINEで送る

今回はカスタムやチューニングではありません。

部品交換。

 

Wrangler TJですがドアそのものが容易に外せるように設計されています。

その関係でドアストッパーはなんと生地なんですね〜。以前乗っていたYJも同様でした。

先日、うちのスタッフTが降りようとドアを開けると

あらぬ方向までドアが開いてドアをフェンダーにドン!

どこかにぶつかるまで開いちゃうんですね〜〜。

 

お〜〜い。

 

よく見るとドアストッパーが切れています。

まぁ切れるよね、だって生地ですから。

IMG_4821

こんな感じで、だら〜〜んとしています。

 

片側をビスで固定し、反対側はポールに通すだけというシンプルぶり。

 

この部位はJEEPのトラブルあるあるの上位ランクらしい。

 

IMG_4813

こいつをネットで購入。

 

このアフターパーツは好きな位置でポールに通せるので

開き具合が調整ができるという優れもの。

 

JEEPは普通の車みたいにドアがいい感じで開いてくれません。

開けたらスーと全開しちゃいます。駐車場では細心の注意が必要です。

 

IMG_4822

 

こちら側のビスを2本外して装着。ビスは当然トルクス形状。

 

IMG_4823

ということで三番目のホールで設定。

 

完成です。

これは便利かも。

 

Pocket
LINEで送る


よく読まれいてる記事

アクセスランキングはまだ集計されていません。